結局は....あれこれ噺


by shop_collect
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ってな訳で、ゴ-ルデンウイークの初日29日。ぽかぽか日和のなか、自転車こいで向かった先は、エンドーチェーン屋上フリマ!!(今風に言うと:EBeansね)
期待をしつつ♪入り口はいると、爆音&おねーさん達の『いらっしゃいませえエエ〜↑(語尾上がり)』の声、すかさずエスカレーターに向かい、6階、7階、8階と上へ、そこで前にいた女の子達が『屋上でフリマだって〜』『どうやって行くの〜!?』との会話を耳にして、ふふ〜ん!自分は知ってる(オヤジだから)っていう軽い優越感と『フフッ』と含み笑い…。
いざ到着!!『バーン!』…『アレッ!?』 結構まばらじゃん…
そこで、主催者のTi氏と軽く雑談『午前中がピークでしたね。』その他もろもろ…
まあ〜終わる一時間前に行ったし…
でも、見たとこ今や定番になった(なってしまった!?)西公園トレーディングマートの第1回みたいに、出店してた人、行く途中の人達がいろんな意味で楽しそな顔してたな〜(コレクトバイヤーのabc氏がキャッキャッと子供とたわむれてたり…)
次回、その次と楽しくなる感じがヒシヒシでした〜
世代の違う人達が『屋上行けんの?』とか『屋上懐かしいね〜』とか、影でワタワタしてるイベンターとか…
たかがフリマ、されどフリマですね〜
(まあ〜やってる側は大変だろうけど…とにかくおつかれ様でした〜。呑気すぎる?)
次回はコレクト閉めて、久しぶりに出ようかな〜なんて…。
以上{フリマについて考える}明日は何について!?ッてな訳で

        明日のこころだ〜  ♪チャンチャン♪

                            作:t氏
                           出演:ti氏
                          お囃子:自演
[PR]
by shop_collect | 2006-04-30 19:37 | COLLECT

Om girl  σ(゚-^*)

ピースフルなスペースをクリエイトして、あなたは宇宙でハ−モナイズしています。Om girlの服は、そのピースフルなスペースの一部になるように作られました。

あなたはいつ試されますか?ムードを高めて、幸福、セクシーまたは瞑想的に感じられるカラー。
f0059573_1963491.jpg

優しく柔らかい織物。私たちが不安定を忘れるほど快適な作用。
イメージ、権限を与えて奮い立たせる意味であなた自身が微笑んで、好奇心を
強く示してください。

私たちが持ってる理想はそれでデザインされます。Om girlは女性の人生を
反映する服です‥
Om girlはバランスと安らぎ、そこに連れて行くでしょう。


これからも、Om girlはじめ、Balidog等のおしゃれなYoga Wear .
鮮麗されたHemp Wearをお届けしたいと思ってますので宜しくお願いします。

あ〜あと明日つ、ついに復活!エンド−チェーン屋上(今どきの人達は、Eビーンズ
f0059573_19513286.jpg

行ってみてよ
(コレクト経由でフライヤー貼ってくれた皆さんに、この場でどもです。

好評でよかった〜  ってことで

問 2  寝る時ジャマになるのはなぁ〜に?
[PR]
by shop_collect | 2006-04-28 20:09 | なにげに商品紹介


〜〜〜〜〜(ノ≧ρ≦)ノ
[PR]
by shop_collect | 2006-04-27 21:40
今日からコレクトの仲間入りのT-shirt達です。
インドからやって来たんですが…『日本はじめてらしいので』皆さん宜しくです。いろんなタイプがあります。
f0059573_2052211.jpg

友達できるかな〜NO PROBLEM!!すでに3人に着てもらってるじゃないですか!(最悪スタッフユニホ−ムか?)ねっ!珍くん!!
[PR]
by shop_collect | 2006-04-26 20:14 | なにげに商品紹介
今日のT氏はジャージャー麺屋さんで出鼻を挫かれたものの
お店では、なにかにとりつかれたように黙々と働いていました☆
何故か口笛でノリノリなんですけど、そこが昭和ポイントですね〜
f0059573_19262884.jpg

今日からはじまるなぞなぞシリーズ

問 1 のび太の反対は何でしょうか?

どしどし解答くださいませ4649…

全10問の出題予定で出題終了後に解答だします。
全問正解者にはなにかいいことが‥ヽ(~〜~ )ノ ?
[PR]
by shop_collect | 2006-04-26 19:35 | ばいやー噺
旬?もう遅いか?
f0059573_18232633.jpg
という訳でコレクトばいやー(しかもハイテンション)abc氏おもにアメリカをぐるぐるしてるんだけど最近は、もっぱら、ローリングストーンズ>仕事らしく
ラスベガス→東京ドーム→名古屋→と、転がる石のごとく→ロンドンまで行くらしい…
ここまでくると、ライクではなくラブ ア ローリングストーンズ(しかもハイテンション!重要です。)次回このネタの時は、abc氏にツアー土産話しでも書いてもらうかー『フォー』ヤバッ!ハイテンションうつってきた…
ってなわけで画像は60年代のオリジナルポスターまあ〜コレクトで売ってんだけど…さておき、この時代のイベントポスターはかっこいいっすね〜。行きたくなる!もしくは気になる!好みはあると思うけど…最近巷のイベントポスタ〜とかフライヤ〜ときたら(やばっ!スイッチ入ってきた…)ぐだぐだ書いてる間にも、転がり続けてんだろ〜なabc氏ごろごろ〜って。
[PR]
by shop_collect | 2006-04-25 19:07 | ばいやー噺

営業&ミスプラン

今日のコレクトバイヤ~は…管理人さんはなぜかZepp仙台にブース出張出店!!(昨日フライヤ~作るのに悪戦苦闘!!)コレクトの営業活動!ん~真面目。 でもってもう一人は…山形風流花見流し!!なる粋なイベント(城の周りに掘りがあり、そこに小さな舞台が流れてくる…踊りを舞ながら…んでもって、丁度よく桜、いや夜桜が見れるって寸法。いいね~日本。)行く予定が…ん~ダメダメ。 来年、みんなで行きますか粋にっ! この行けなかったストレス片手に明日は西公園のトレーディングマートでも行くかな~ 晴れろ~!天気~!!
[PR]
by shop_collect | 2006-04-23 01:29 | ばいやー噺

隠れBar collect ♡

今日のcolllectはWes montgomeryのギターが鳴り響いてます♪
なんて心地いいのでしょう...
あんなふうに、こんなふうに
o*☆゚'・:*☆〜〜〜〜〜(((((((*ё_ё*)・・
夜が似合うcollectはどう思いますか?

今宵飲み明かしましょう!!

みなさん楽しくいきましょうε=ε=ε=( ^o^)/ !
[PR]
by shop_collect | 2006-04-19 22:22 | ♪BGM collect♪

流れのままに~

地球が太陽をまわる様に

鳥が大空を飛ぶ様に

ただ流れのままに永遠の時を 感じて生きようよ

みんなの心が解けあって 

いつのまにか ひとつになって

すてきな愛のハーモニー

少しずつあふれだすよ
[PR]
by shop_collect | 2006-04-15 21:05

Jerry Garcia..

f0059573_1325319.jpg

60年代のカウンター・カルチャーは、反体制的な思想を根幹に持っている。地球を蝕んでいく国家や、精神を病んだ人間へのアンチ。その意味ではカウンター・カルチャーはヒューマン・カルチャーと言葉を置き換えてもいいだろう。人間そのものの精神の居場所を求めたムーブメントと言っても過言ではないだろう。エコロジーやオリエント神秘主義に傾倒していったのがその証明だ。  
メインストリームが見えない混沌とした今の時代でも彼らは意思を貫いた。グレイトフル・デッドがアメリカのもうひとつの国家と言われ続けてきたことも分かった。何故グレイトフル・デッドが人を魅了するのだろうか。それはすべての音楽の要素を内包するデッドだけのサウンドであることは当然なのだが、それ以上のものが確かに存在している。トリップすることも自由だが、人間への回帰、個人の資質が試されているような気がしてならない。自然の音は人間に勇気と歓喜と慰安を与えてくれる。グレイトフル・デッドはまさに自然の音なのだ。地球、いや宇宙と自分を同化させてくれる。一体感を得られる恍惚がダイナミックだ。
 90年代に入っても、アメリカでの観客動員は毎年トップランクを守っていた。いや守っていたというよりも、それだけのファンに支えられていたのだ。レコードをまったくリリースしてない時期でさえ、デッドショーは続けられ、圧倒的なまでの動員数を誇っていた。ショーには3世代に渡る顔が見える。親から子へ、子から孫へと受け継がれていく。こんな幅広い層に指示されたショーは、他にはない。デッドヘッズ=ヒッピーという図式が一般的には強く浸透しているかもしれないが、デッドショーはその図式にあてはまらない。何者をも拒むことのない許容範囲を持っている。グレイトフル・デッドはヒューマン・カルチャーであるがゆえに、脈々と息づいているのだ。
 コンサート会場にテープを持ち込むことを許したのもグレイトフル・デッドの大きな特徴だ。自由にコンサートを録音できる。そのテープがデッドヘッズの追体験を誘う。テープはファンの間を行き交う。今でもインターネットによってテープのトレードが行われているし、MP3によってフリーで配信されている。「誰かが古いテープを聞かせてくれる。そして改めて感動を覚える。いつの時代のグレイトフル・デッドの演奏からも、アプローチのはっきりとした意図が感じられるからなんだ。この一体感は初期からずっと変わっていない。メンバー全員の思いが必ず一致しているんだ」(ジェリー・ガルシア)。
 
[PR]
by shop_collect | 2006-04-14 18:26 | COLLECT